簡易倉庫
企業自身が倉庫に掛ける大きなスペースはもったいないと感じる時代になり、簡易倉庫で対応するケースも少なくありません。

ここでは、物置を簡易倉庫で対応させる理由を3つに分けてチェックしていきましょう。

簡易倉庫の物置が最適である理由~その1~工期と経済性

簡易倉庫の良い点として、導入に掛かる工期はもちろんのこと、経済性に関しても申し分ない点です。資金調達が困難な場合は尚更、多くの企業が求める部分はまさにこの点に他ならないでしょう。

最短1日の工期でスピーディに完成させられる手軽さ

この簡易倉庫の素晴らしさは、設置する倉庫規模にもよりますが基本的には最短1日で完成できる手軽さを持っています。
屋内に設置するような小さいサイズの簡易倉庫であれば工期も丸1日は掛からず、導入計画から実際の導入まであっという間にできてしまうのは簡易倉庫のメリットと呼べるでしょう。

建材をほとんど使わないが耐久性と低コストが実現できる

また、基本的に簡易倉庫の構築に使われるパーツと言えばテント生地などの素材、そして固定用の骨組みやパイプになりますので、地面への基礎固定に用いるマテリアルを除けば建材らしい建材はほとんど使いません。
これであっても一定の耐久性は実現されることから、簡易倉庫がいかに低コストで実現できるかが分かります。

簡易倉庫の物置が最適である理由~その2~品質維持

次に簡易倉庫が物置として使用される場合に便利な理由の2つ目ですが、保管するアイテムの品質の維持がしやすいという点にあります。それは単なる物置を超えて、アイテムを良質の状態で保管できる工夫もしやすいからです。

照明やエアコンも付けられて在庫の品質管理にも役立つ

屋内の小さな簡易倉庫であれば必要ありませんが、敷地内に単独で設置する一定規模の面積に倉庫を物置として使う場合は、外気温の上昇による保管物や在庫への品質管理も欠かせません。
そのため、スタッフが管理維持しやすいように照明の設置、湿気を除去するためのエアコンも忘れてはいけませんが簡易倉庫はこれらもすぐに設置できます。

ドアなどで施錠もできるので安全対策も進められる

また、驚くことに簡易倉庫にはきちんとしたドアの設置も可能で、施錠によって安全対策を進めながら保管物の管理を行えることを意味します。
このため、簡易倉庫と言っても通常の倉庫と何ら変わりのない運用が実践できるでしょう。

簡易倉庫の物置が最適である理由~その3~場所を選ばない

簡易倉庫
そして、この簡易倉庫が物置に最適な3つ目の理由。それが、場所を選ぶ必要がないという点です。一般倉庫の場合は法律の関係で許可取得に影響することがあっても、簡易倉庫ではその点も融通が利きやすくなります。

事務所や製造現場の隣にダイレクトで併設できる

この簡易倉庫の融通性の高さは、事務所や製造現場とダイレクトに併設できるほどで、簡易倉庫としての安定性や耐久性も良くなります。
また、事務所などがどんな構造になっていても、それに合わせた設計が進められるのも簡易倉庫の特徴ですのであらゆるタイプの物置構築が可能です。

一般倉庫の中にサイズの小さい倉庫を構築できる

また、既存の倉庫や部屋の中にミニサイズの簡易倉庫を設けて物置として機能させれば、既に述べたようにドア設置も可能なことから防犯上の懸念はすべて拭い去ることができるでしょう。
屋内の簡易倉庫であれば価値の高い商品保管にも対応でき、様々な工夫でその管理効果も向上させられます。

簡易倉庫の「意外な」物置としての活用術

これまで述べて来た簡易倉庫は、「書類」や「製品」などの保管を前提にお話してきました。しかし、同じ物置の目的でも意外なものの保管にも向いているのです。

スタッフの簡易的な詰め所や休憩所としても使える

その1つの用途が「物」ではなく、「人」のためのスペースとするケースです。製造スタッフなどの簡易的な詰め所として、若しくは皆様の休憩場所としても十分に活用ができるでしょう。
先にも述べたようにエアコンなども取り付けられますので、快適な空間は想像以上に簡単に作り上げる事が出来ます。

社用車専用の保管スペースとしても活用

そして、意外に多くの企業で活用している用途として車の物置、つまり車庫として利用する方法です。
社用車も日差しを避けられ、時には洗車スペースとしても活用できるのはまさに一石二鳥ではないでしょうか。